スーツ

税のアレコレ|相続不動産売却や不動産担保ローンを学ぶ

返済が出来ない状況

スーツの男性

不動産担保ローンと言っても、借金なのですからその自覚を持ってローンを組む必要があるでしょう。借りた分はきちんと返済し、トラブルに発展しないように配慮すべきなのです。

多額を手に入れる

男性

自分一人だけでしたら、相続不動産売却と不動産担保ローンの手続きは、スムーズに行えると思います。また、それぞれどういったものか理解しておかないと、トラブルが起こる可能性があります。

相続不動産を担保に

女性

相続された不動産に関しては、相続人でもその土地を担保にして、ローンを組めると言われています。こういったローンは、金融機関の条件をクリアしてれば、低金利で高額な融資を行ってくれるそうです。まずは条件をクリアしているかどうかを確認する必要があります。低金利であれば、元金を減らすのが、無担保ローンより早いので、返済計画をしっかりと持っていれば、一番いいローンの組み方かもしれません。それに、不動産関係のことだけではなくて、複数で借りてる金融機関があれば、一つにまとめて返済を楽に行うことができます。しかし相続された不動産の相続人が、複数いる場合は、勝手に不動産担保ローンを組むことはできません。勝手にローンを組んでしまうと、返済できないってなれば、その不動産を金融機関に売却されてしまいます。そうなれば、まだ相続人の名義変更を行った場合は、他の人の相続分も売却されてしまうので、問題が起こってしまいます。相続不動産売却とは違って、相続された不動産全体を担保にしますから、他の人の不動産も、無くなってしまうからだと言われています。こういったことを避けるには、相続人の名義変更を自分にするか、しっかりと返済計画を立てることをオススメします。

複数の人数に相続

弁護士

相続問題で血縁者ともめないように、遺産関係の事についてしっかりと話し合いをしておきましょう。遺言書がない場合、相続の手続きなどをしながら決めていく必要があるでしょう。